オーラルデントは虫歯に対して予防ができる?!

オーラルデントは虫歯の予防には効果的なのか?その作用とは

オーラルデントと虫歯について 
オーラルデントは虫歯に対してどのような効果があるのか?についてです。

 

結論をいうと間接的な予防になるとうことです。

 

歯がすでに虫歯の状態の場合は、歯科でしっかりと治療した方が早いことになりますが、虫歯にならないように予防することが可能だということです。

 

歯磨きはご存知の通り、虫歯にさせないための一つの方法で、間接的な予防になっているので効果的なことになります。

 

チョコレートやケーキなどの甘いものを控えるのも間接的な予防になるのはイメージできると思います。

 

歯周病もそうですが、菌が増殖することで病気というものになります。

 

その増殖を抑えることができれば病気にならないことになりますが、オーラルデントはどのような作用がるのかお伝えします。

 

オーラルデントは虫歯をどのようにして予防してるのか?

オーラルデントが虫歯の予防ができる理由とは 
オーラルデントに使用されている成分がどのようにして虫歯の予防に役立つのかは、虫歯の特性を少しだけ理解すると分かりやすいと思います。

 

虫歯は常在菌といって、常に口内にいる菌で、完全に除去させるには難しい菌と言えます。

 

誰もが一度はこの病気で歯医者さんにお世話になった人も多いと思いますが、突然この菌が現れたのではなく、感染によって口内に住みつくようになります。

 

その感染経路は「親」からの唾液から感染したことが有力なのですが、唾液を伝わって感染する菌ということです。

 

この菌を持っている人のハシやスプーン、またはストローなどを通じて口内に感染します。

 

歯周病菌と同じく、運命共同体のような菌で口内に常にいることになりますが、単体では大人しいもので、歯を溶かすようなことはしません。

 

この菌が増殖することで本来持っている力を発揮するようになるで、虫歯になるということです。

 

その菌がミュータンス菌という菌です。

 

ただ、この仲間がいることで病気に拍車をかけることになります。

 

その菌がラクトバチラス菌という菌で食べ物にも含まれ、口内にもいることになります。

 

感覚的なものでいうと、悪さをする菌、それを助けるを菌、この両方の菌が力を合わせて歯を溶かしていくことになります。

 

分かりやすくすると、ミュータンス菌は歯を溶かしますが、普段はとても弱虫で、その菌に勇気を与えるのがラクトバチラス菌ということです。

 

その後押しがあり病気が進行していきます。

 

ラクトバチラス菌は乳酸飲料などに多く含まれますので、虫歯になりやすい人は糖分を抑えるのもそうですが、乳酸品は抑えた方がいいかもしれません。

 

これらの菌の活動が活発になるのは寝ているときで、その理由は唾液が減っていくためです。

 

虫歯が進行していくのは日中よりも、寝ているときということになりますが、唾液が減ると菌の活動が活発になるのは、唾液にはラクトフィリンとう抗菌物質が含まれているためです。

 

抗菌物質というのは、菌を増やさないようにさせる物質ということです。

 

その物質が寝ているときに、量が減っていくために虫歯になりやすくなります。

 

その唾液に含まれるラクトフィリンをオーラルデントに使用されているラクトフィリンで補うことができるので、虫歯の予防になるということです。

 

夜寝る前に使用すると効果的ということにもなります。

 

オーラルデントが虫歯に対してもう一つ効果的な理由は?

オーラルデントが虫歯の予防ができるもう一つの理由とは 
オーラルデントに使用されている成分は抗菌や殺菌成分が多く、これらのものが複合的になることで虫歯の予防や歯周病の予防につながります。

 

それともう一つ役立つのが、虫歯菌や歯周病菌を抑えている菌を増やすということです。

 

口内には色々な菌がいますが、そのように悪さをする菌もいれば、それを抑えようとする菌もいることでバランスが存在しています。

 

このバランスが崩れることでも、口腔内の病気になりやすいということです。

 

その菌を善玉菌と呼びますが、虫歯菌だけに作用する特殊な善玉菌もいることが分かっていますが、この菌を持っている人はほとんどいません。

 

そのような特殊な善玉菌を持っている人は虫歯を経験したことがありません。

 

通常は総合的な善玉菌の作用で菌を抑えていることになりますが、その菌を増殖させる成分もオーラルデントには使用されているということです。

 

その成分がビフィズス菌です。

 

ビフィズス菌と聞くと乳酸菌と同じようにイメージしてしまいますが、全く違う生き物ということです。

 

最前線で悪い菌を抑えているのがビフィズス菌で、その助けをしているのが乳酸菌ということになります。

 

腸内でも同じことです。

 

人間の腸内も99%以上ビフィズス菌で、残りが乳酸菌のような割合です。

 

先ほど話したように乳酸菌は虫歯を増殖させるキッカケを多くつくることになりますが、ビフィズス菌の作用は、これとは正反対の作用をします。

 

ビフィズス菌で口内にいる悪玉をコントロールと善玉の助けにすることができるとうことです。

 

そして、この商品に使用されている成分すべが悪玉にしか作用しないとう特殊な特徴を持っています。

 

薬のようなすべての菌に作用するようなことではなく、良い菌には作用しないで、悪い気にしか働きかけをしないとうことです。

 

そのような自然の成分しか使用していないのも、この商品の良いところかもしれません。

 

長くなりましたが、このようなことで虫歯の予防や歯周病の予防もできます。

 

 

公式サイト

口コミ

スポンサードリンク


関連ページ

ジンジバリス菌も臭いも解消するオーラルデントの効果とは
ジンジバリス菌も臭いも解消するオーラルデントの効果とは。歯周病の代表的な菌のジンジバリス、この菌は単体では病気をおこしませんが、数が増えることで出血させたりなどの症状を起こします。この菌にオーラルデントがどのような効果をみせるのかお蔦します。
舌の汚れを除去させるには!男性のトラブル原因を解決
舌の汚れを除去させるには!男性のトラブル原因を解決。舌の汚れを除去させるための注意点と改善方法についてお伝えしています。汚れを取るアイテムなども多数ありますが安心してすぐに汚れを取れる方法記載しています。タブレットも紹介していますので参考にして下さい。
ビフィズス菌で口臭を改善させるオーラルデントとは?
ビフィズス菌で口臭を改善させるオーラルデントとは?。ビフィズス菌が口臭に良いのは口内で臭いを出しているのが悪玉菌を抑えることができるからです。その菌が善玉で、その菌を増やすためオーラルデントに使用されています。どのようなものか参考にして下さい。
歯周病による口臭はオーラルデントで男性の臭い解消!
歯周病による口臭はオーラルデントで男性の臭い解消!。歯周病による口臭はこの菌も多いことになりますが、口内全体に臭いを発生させる腐敗菌が多いと言えます。その臭いと口内の病気に効果をみせるのがオーラルデントです。どのような効果か参考にして下さい。
口臭ケアでおすすめはオーラルデント!その理由とは
口臭ケアでおすすめはオーラルデント!その理由とは。口臭ケアでおすすめのオーラルデントの効果についてお伝えしています。今までにない舐めて使用するタブレットで高速ケアを実現します。その持続時間も凄いのですが、どのようなものか参考にして下さい。
ラクトパーオキシダーゼで口臭のケアができる?オーラルデント
ラクトパーオキシダーゼで口臭のケアができる?オーラルデント。ラクトパーオキシターゼはとても優れた抗菌成分で必要のない菌にしか働きかけをしません。口臭ケアでおすすめのオーラルデントにも使用されていますが、どのような効果があるのかお伝えしています。
森永オーラバリアとオーラルデントの違いについて
森永オーラバリアとオーラルデントの違いと比較について。この2つの商品の違いを知りたいとう人のための内容です。どちらもいいタブレットになりあますが大きな違いがあることは間違いありません。口臭や舌苔などにどのような違いがるのか比較してお伝えします。
オーラルデントの市販での取り扱いと購入窓口について
オーラルデントは市販での取り扱いと購入窓口についてです。人気の口臭ケアタブレットオーラルデントですが市販での取扱とお得な激安購入の窓口についてお伝えしています。通販限定の口臭ケアタブレットですが楽天やアマゾンなどでも販売しているのかについてお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口臭について 体臭について 加齢臭について 口臭サプリメント